11月 30
2013

香りの選び方

精油の種類には、かなりのものがあります。ですから、その中から自分の好きなものを探すということはなかなか難しいことかもしれませんね。
そこで、精油を選ぶときには自分のフィーリングを重視するということも大切です。人によって、自分が好きな香りなどは変わってきますので、その中で最も心地よいと思えるような香りを探すことが大切なのです。

そして、香りの感じ方としても、そのときの体調などによっても変わってくることがあります。ですから、その時々で自分が香りについてどういう印象を持つのか、しっかりと記憶していたほうが良いかもしれません。
また、香りの効果としてはストレスに効くものや、頭痛や冷えなどの症状を改善するものもあります。好きな香りを選ぶ際に、効果から選ぶということもできるようになるでしょう。

精油を選びたいと思ったときには、嗅ぐ際に鼻に近づけすぎないようにしてください。
精油のビンを鼻から数十センチ離して香りを嗅ぐなど、試験紙に一滴落とすことでそこからの香りを嗅ぐなど、直接的に薄めていない香りを嗅ぐことは避けておいてください。精油は、そこから薄めて使用をすることになります。

Posted in 未分類 | Leave a comment
11月 30
2013

精油の抽出方法について

精油を抽出するための方法としては、その精油の成分などによっても違ってきます。
よく使われるものとしては、水蒸気蒸留法や圧搾法、溶剤抽出法といったものになります。
その中でも、特に水蒸気蒸留法は安価で装置を購入することができるために、かなり多く使われているといえるかもしれません。

Posted in 未分類 | Leave a comment
11月 30
2013

水蒸気蒸留法

水蒸気で蒸すという方法を用います。
例えば、ラベンダーやカモミールなどでも、抽出する際にはこの方法が使われることが多いようです。
蒸気を冷却することで液化し、芳香成分を含んだ精油と、芳香蒸留水に分離することができるようになります。

Posted in 未分類 | Leave a comment
11月 30
2013

圧搾法

果実の皮を使う方法になっており、熱を使うことなく圧搾するという方法になります。
例えば、オレンジなどの柑橘系の精油を抽出したいと思ったときには、この方法を使うことがポピュラーです。
果皮を果実から分けた後に、ローラーなどの機器によって圧搾し、精油の抽出を行います。
熱を使わないまま低温で抽出することができるようになりますので、香りが自然のままに抽出されることになるのです。
しかし、そのときには熱に弱い成分も抽出されることになります。そのために、熱によって品質が劣化してしまうということも考えられますので、その点には注意しておきましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment
11月 30
2013

溶剤抽出法

フローラル系などの精油の抽出は、とてもデリケートだといえます。そういったものの抽出を行うために用いられる方法になります。
ジャスミンなどのデリケートな精油を抽出するためには、水蒸気蒸留法や圧搾法ではできない場合があります。
そこで、石油エーテルなどの揮発性の溶剤を使い、植物から香気の成分を溶け出させる方法を使います。
そこから、アブソリュートと呼ばれる抽出を行うことになるのですが、溶剤が固まってしまったものをアルコール溶剤などでさらに溶かすことで、精油の抽出が行えるようになります。

Posted in 未分類 | Leave a comment
11月 30
2013

精油の特徴と品質の違い

精油の特徴としては、大きなものとして以下の三つが挙げられます。

まず、芳香性のものです。少しだけの量であっても、強い香りを放つものです。
次に、揮発性のものです。これは、空気中に放置をしていると、すぐに蒸発をしてしまいます。
そして、親油性のものです。これは、水に溶けにくく油に溶けやすいという特徴を持っています。

精油を使う際には、必ずそのままではなく薄めて使用をすることになります。その際、親油性の特徴を生かし、植物性油脂のベースオイルとして有効活用されます。また、アルコールなども希釈剤として使用できます。

Posted in 未分類 | Leave a comment
11月 30
2013

産地や天候による精油の品質の違いについて

植物から精油を抽出することができる芳香植物の種類は、どのくらいでしょうか。それは、実に約200種であるともいわれています。
植物は世界中で栽培されているものですが、植物の中にはある地域でしか栽培されていないようなものも存在しています。

もし、同じ種類の精油であったとしても、その元々の植物が栽培された土地の環境などによって、精油の効果が微妙に違ってくる場合も考えられます。
そして、オーガニックで栽培されている原材料としての植物もありますので、種類が同じ精油だからといってその効果までがすべて一致するというわけではないのです。
効果を決定するのは、その原材料となった植物の栽培された土地や気候などの環境ということになります

Posted in 未分類 | Leave a comment
11月 30
2013

精油は何から出来ているのでしょうか?

精油、またはエッセンシャルオイルと呼ばれるものは、ハーブの様々な部分から抽出することが可能です。
例えば葉や花はもちろん、枝や根からも、果実や果皮からも抽出することができるのです。
こういったエッセンスに関しては、脂腺が少ない植物のものは、特に希少となり価値もそれだけ高くなることになります。
ローズでは、50本分ものバラの花びらがなければ、精油一滴を抽出することができないのだといいます。
脂腺を多く持っている植物は、それだけ精油の抽出量も多いということになります。
Continue reading

Posted in 未分類 | Leave a comment
11月 30
2013

精油の性質

精油には、大きく分けて三つの性質があります。
まず、芳香性という強い香りを放つということです。
そして、揮発性という空気中に放置されると蒸発してしまうという特性です。
最後に、親油性、脂溶性という水に溶けにくく油によく溶けるという性質になります。
しかし、油脂とは異なるということになります。

Posted in 未分類 | Leave a comment
11月 30
2013

精油の正体

精油は、天然の化学物質がいくつも、数百種も集まることで構成されている有機化合物と呼ばれるものです。
こういった有機化合物は、構造によって香りや作用が違ってくることになり、それぞれの特徴が出てくることになります。
植物の中にある、分泌腺という場所で精油が生成されることになります。そして、油胞と呼ばれる部分の中に精油が蓄積されていくのです。その油胞の場所は、植物によって様々なところにありますが、葉の表面や果皮の表面近くに位置しいてることもあるようです。

Posted in 未分類 | Leave a comment